<管理者が楽になる機能>

いくつかの事例をここで紹介します。

① 分類用フォルダが自動生成されるのでメンテナンスが楽

 分類のために使いたい属性の種類を指定しておくだけで、FullWEBはフォルダを自動生成する機能があります。以下の例では、管理者は、分類の1階層目は「メーカー名」で2階層目は「車体色」と指定しました。ユーザーから4種類のデータが登録された結果、右側の分類フォルダが自動生成されました。この機能により、管理者は定期的にフォルダを最適な状態に保つ煩わしさから解放されます。

② 稼働後でも属性項目の増減ができて楽

 技術情報管理システムの導入時には様々な(権限、属性項目、分類階層・・・)決定をしなければなりません。なかでも、文書につける属性項目を決定することは簡単ではありません。特に、広範囲に使用する文書管理システムの場合、複数部署の意見を取り入れると、なかなか決まるものではありません。FullWEBでは、暫定決定でシステム稼働しておいて、新たな属性項目が必要になった時点で追加したり、既存の属性項目が不要になった時点で削除できますので、システム稼働までに複数部署の納得するものを用意する必要がありません。

③ アクセスログでセキュリティー対策が楽

 FullWEBで行われた操作は、誰が、何時何分にどの操作(ログイン、開く、取り出し、属性変更、検索、承認等々)を行ったか記録されており。指定条件で絞り込んで表示できますので、詳細な権限設定と連携しセキュリティー対策が楽になります。